❐ 国際・青少年奉仕委員会

委員長 :藤田 祝子
副委員長:船橋 恵子
委員  :田口 保志、 木村 雄太郎、 藤井 康弘、  後藤 宗国

◼ 2020年07月15日、第一回クラブアッセンブリー

1.基本方針について

今年度は地区の長期の青少年交換プログラムは該当者なく実施せず、また香港との短期交換プログラムは種々の理由で現段階では実施困難なため、当クラブ独自の青少年奉仕プログラムを計画する。友好クラブである香港フィナンシャルセンターロータリークラブとの親睦を継続する。

2.計画内容
(青少年)
案➀インターアクト

どこかの高校と提携してインターアクトクラブの締結を検討将来のリーダーを育てることを目的としたインターアクトクラブを立ち上げることを検討。

案②「いなか塾」の支援

以前、会員だった大門様より紹介のあった「農家民宿おくで」は通信制高校の学生を受け入れておられるものである。不登校などさまざまな背景がある生徒を対象に「健やかに生きることを伝えよう」というプログラムである。ただし、これは「株式会社ほんまもん」と改められ、今年4月から岡山県西粟倉村に拠点を移された。京都市教育委員会の力を借りて、不登校の高校生を募集し、「いなか塾」のプラグラムに参加することで不登校児の生きる力を養うのに奉仕したいと考える。

(国際)

青少年奉仕との合同になっていることから、将来的には香港フィナンシャルセンターロータリークラブとの学生の短期交換事業を前提に継続した活動をしたいと考えます。ただし、相手クラブのRIでの認証がまだされていないこと、香港の情勢が不安定であること、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、近い将来にこの事業の再開は困難であると思われます。相手クラブとの親睦を図るため、機会があれば、会員相互のweb上での交流もしくは往来のために活動したいと考えます。

活動情報|委員会活動方針紹介

ページトップへ