❐ 家族姉妹友好クラブ委員会

委員長 :深田 金嗣
副委員長:岩見 真也
委員  :佐東 賢一、 上田 昇、  後藤 宗国、 大谷 裕三

◼ 2020年07月15日、第一回クラブアッセンブリー

1.基本方針について

三年連続の家族友好クラブ委員長の最後の年度として、クラブ活性化の有力手段としての位置づけで、岡山北西RC、香港FCRCとの交流は、諸般の事情が許す限り、積極的に企画し実施に向けて活動する。

2.活動計画の重点的内容

・岡山北西RCとの交流は、コロナ禍の影響で流れたものを是非とも復活したい。若いメンバー同士の交流を中心に、打合せ等も含めて企画する。
・香港FCRCとの交流は、政情やコロナ禍の事情が許す限り企画したいが、やはり、勿論安全が最優先であり、明確な方向性が示すことが困難な状況にある。

3.活動の具体的内容

・4月に延期になった交流会がいつ実現できるか、コロナ禍が落ち着いてからになるだろうが、なかなか見通しはつきにくい。
・香港FCRCとの交流は、政治的な状況も流動的なことでもあり、相手の出方を待つということになるのではないか。

 

◼ 2021年04月14日、第二回クラブアッセンブリー

1.基本方針

三年連続の委員長としての最後の年度として、クラブの活性化の有力手段としての位置づけで、岡山北西RC、香港FCRCとの交流は、諸般の事情が許す限り、積極的に企画し実施に向けて活動する。

2.これまでの実施事項と内容

コロナ禍の中、岡山北西RCとの交流は全く行われなかった。
香港FCRCとはコロナ禍に加えて、政情不安が伝えられており対応が全くできていない。現在渡航禁止の状態である。

3.これからの活動の具体的内容

岡山北西RCとは1月25日に岡山への表敬訪問が予定されているが、コロナの状況次第である。
香港FCRCとの交流の全く白紙の状態である。

4.継続的実施事項

岡山北西RCとは幹事同士が連絡を密に取り合っている状況であり、コロナの状況を鑑みて対応をしていきたい。

活動情報|委員会活動方針紹介

ページトップへ