❐ 社会奉仕委員会

委員長 :西澤明彦
副委員長:大友 義博
委員  :佐東 賢一、 増田 典、  橋本 眞一、 村上 洋一郎

◼ 2020年07月15日、第一回クラブアッセンブリー

1.基本方針について

硬式野球ホールの再生(エコボール)事業への支援

2.活動計画の重点的内容

硬式ボールは一度バッドで当たってしまえば、次の使用では真っ直ぐ飛ばず、イレギュラーバウンドするので公式試合には使えず、程度の悪い物は廃棄されることが多いが捲れた皮や切れた糸を再加工すれば練習用としては十分使用することができる。
エコの観点からほつれた糸をほどき、捲れた皮を張り直して練習用として十分使用できるレベルまで再加工します。この作業に身障者の雇用確保の観点からボール再生を委託し資金の余裕のない高校に負担が少ない金額で提供する団体であるスマイルワークス様にお願いし、その活動を支援するものです。

3.活動の具体的内容

過去2年間ボール修復事業を行う中で、作業現場である障害者施設からの要望である修復ボールを回収しかつ納品する収納ボックスが不足しているので、そちらを援助して欲しいとの声が、事業の振り返りの中で出てきました。要望に答えることにより、よりスムーズな修復活動の支援ができると考えられます。

活動情報|委員会活動方針紹介

ページトップへ