❐ クラブ運営管理委員会

委員長 :橋本 眞一
副委員長:藤森 治 、幡南 進
委員  :久野 成人、福田 裕子、木村 雄太郎

◼ 2020年07月15日、第一回クラブアッセンブリー

1.基本方針について

今年度から従来の委員会構成が変わり、当委員会は親睦委員会、広報委員会を小委員会とし、従来のプログラム委員会、ロータリー情報・規定審議委員会の役割を直接担うことになりました。会長方針に則って、会員同士の絆を深め、元気で楽しいクラブとなるよう活動していきたいと思っています。

2.活動計画の重点的内容

コロナ禍の中、従来通りのクラブ運営は考えられず、特に例会運営については、状況に応じて休会・短縮例会・WEB例会等の可能性も起こり得るので、常に会長・幹事と連絡を取り臨機応変に対処していく予定です。コロナ第2波・第3波に備え、治療薬・ワクチンが普及するまでを対処期間と考え、慎重に進めていきます。当面は会員同士の絆を深めるためにもゲストスピーカーは招請せず、メンバースピーチを中心にしてそれぞれ会員の人となりをお互いにもっと知ってもらうことからスタートしたいと思っていますのでご協力お願いします。

情報集会については、朱雀RCの目指す将来像について下半期に話し合える状況が来れば開催したいと考えています。尚、規定審議に関しては、定款・細則について前年度大幅に改正頂いたので、今年度は必要が生じない限り検討する予定はありません。

3.活動の具体的内容

①ビジターは受付のみとし、例会への出席はご遠慮頂く。
②当面の間ゲストスピーカーは招請せず、会員の卓話を中心とする。
③親睦委員会、広報委員会については、それぞれの活動を支援する。
④世情が好転すれば、早い時期に委員会を開催したい。

活動情報|委員会活動方針紹介

ページトップへ